SEO対策
図書館には何がある? 心が振れる… side b No4
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-25 00:00 | カテゴリ:不惑
LaLa本日ゲットしました。
折口さん、かっこぇぇ

キャリアウーマンですよ。

でも瀬川一押しは
堂上教官の上半身は・だ・か
あのタイミングで入ってきた手塚に殺意を覚えました。わたくし

心が振れる… side b No4
折口 ver.

お話はあまり進んでませんが
お楽しみいただければ幸いです。

数日後の徹夜明け、
「折口さ~ん、この原稿どうしますかぁ?」
部下の編集員から渡された原稿にさっと目を通し、
こり固まった肩を叩きながら
「チェック終わったら、下の階に届けとくわぁ。」
と返事をし、うけとった。

机の上にに置きっぱなしだった、煮詰まったコーヒーをすすり
「うーっ、毎月のことだけど、いい加減体がきついわぁ…」
電話が鳴り響き、喧騒に包まれた編集室では、マキ一人のつぶやきなんて誰も気にはしない。

締切前は、いつもこうだ。
家には帰れない。
まともに寝れない。
ご飯だって…
栄養ドリンク片手に仕事して…
なんだか、女捨ててないか?

昔はそれでも、やりがいを感じでいたわぁ。
この仕事に。

「はぁ」

でも、何かが足りない…


ぼやいたところで、どうにもならない。
とにかく、目の前の仕事を片付けなきゃ。
「じゃあ、ちょっと下行ってくるから。」
騒がしい部屋に叫んでから
長時間座りっぱなして、パンパンにむくんだ鉛のように重い足で、
階段を踏み出した。

「いゃ…な・・・・に・・・・・・・・・・」

目の前にもやがかかり、
スッと
血の気が引く。

゛゛やだっ、貧血?゛゛

手すりを持とう手を伸ばしたがむなしく空を掻き

体がフワッと中を浮いた感覚。

そして…


ドドドドドドドドドドドッ。
ドスッ!!!!!!!


けたたましい音の後。

「きゃー折口さんっっっ」

あたま打ってるかもしれないから、揺らすな!!
救急車!!!!
早く!!!


誰かが呼ぶ声

でもそれに逆らうように
意識が暗闇に沈んでいった。


スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://segawakaoru.blog59.fc2.com/tb.php/35-7b69b1b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。