SEO対策
図書館には何がある? HappyHalloween 4話 おまけ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-07 00:00 | カテゴリ:玄折
瀬川、風邪引いて、熱出して最悪です。
独り者の病気も大変ですが、主婦の病気も大変です。
熱出てても、腹減り虫の子供は容赦してくれません。
旦那も多少手伝ってくれたけど、できればお布団で寝たかった<(T◇T)>わぁああああ!
なのに子供の寝かしつけやらされて、
(小学生なので添い寝はしない)
寝るまでお子の机を陣取りSSやってました。
もういい加減寝るぞ!!!!


HappyHalloween 4話 おまけ
玄折

ほんとおまけです。
ほとんどマキさんの独り言です。
仕事をしながら、旦那を待つのってこんな感じかな?
お楽しみいただければ幸いです。


都心のオフィスに通うのがつらくなったマキは、上司と総務部との相談のもと
在宅勤務へと変更していた。

おかげで、玄田家の一角は世相社の図書基地出張所という体になっていた。
とはいえ、最近大きな抗争もないし、割りと呑気なものだか。

そろそろ夕方にもなると肌寒くなる。
お鍋と、シチューどちらか迷ったけど、妊婦はカルシュウムとらないとね、というマイルールのもとコンロに圧力なべを仕掛け、原稿の続きをダイニングテーブルに持ってきたノートパソコンで続けていた。
シュン、シュン、シュン…
蒸気機関車のような水蒸気の音に混じって
ブルブルブル…携帯のバイブ音が響く。

「あら、社からの連絡かしら?」
メールを開くと
「まぁ…」
マキは思わず笑みがこぼれた。


カチャ、ガチャガチャ
キーを刺しサムターンが回る音の後
「今帰ったぞっ。」
と、いつもより少し早く帰ってきた玄田の声が聞こえた。

さあ、夕食時に詳しく事の真相を聞こうかしら?
時間がたち、ピストンの落ちた圧力なべに手早くシチューのルーを溶かしこみ、
そして、リビングに入ってきたあなたに
「おかえりなさい、フランケン博士。」
と出迎える。
お腹をかばいつつ、そっと乗せた腕を支えに背伸びをし
ギョッと驚いた頬にチュッとキスをした。
情報のソースは柴崎か?とバツが悪そうにごまかす、あなた。
めったに見れないうろたえた姿。

お前に回るの、失念してたな…
私の情報網もたいしたものでしょ?

来ていたジャケットを受け取りクローゼットに収め

「今日は、カボチャのシチューよ。」
その時に、昼間のいきさつ教えてね。
お父さん。

強面の顔が、照れて真っ赤に染まる。
もう、そんなあなたも大好きよ。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

きっとマキのメールの添付には郁のクマももれなくついていたと思われます。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://segawakaoru.blog59.fc2.com/tb.php/56-f7051c0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。