SEO対策
図書館には何がある? SURPRISE~堂上家の場合~
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-22 00:00 | カテゴリ:未分類
SURPRISE~始まり~
SURPRISE~手塚家の場合~

の続きです。

SURPRISE~堂上家の場合~
堂郁

お楽しみいただければ幸いです。

SURPRISE~始まり~
SURPRISE~手塚家の場合~
こちらを読まれてからお進みください。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

わずかな時間でも、郁のこんな格好他人に見せたくはなかったが
まさか、手塚の家で郁に襲い掛かるわけにもいかず、
祈るような気持ちで、玄関を出ると、たまたま、本当にたまたま人がおらず、
小牧と顔を見合わせ先にお互いの自宅のカギを開け
妻を家に引き入れた。

そして…
「郁、お前なんて恰好してるんだ!」
セクシィーすぎる姿にセリフも荒くなる。
そのまま寝室に連行し、ベットに座らせる。
よっぽど俺がこわいのか
「だって、あの柴崎が言い出したんですよ?
あたしに、それを拒否する力があると思いますか?」
目に、涙をためて半泣きで答えた。

うっ、その恰好でその涙はやばい。
潤んだ瞳にすっかりやられ、ハイレグのバニースーツにさらに煽られる。

肩をトンと突き
ベッドに倒れた郁の素晴らしく長く形のいい脚を持ち上げ
つま先に、そっとキスを落とし

「リミッター解除でいいんだなぁ?郁?」

我ながら、さかった顔をしていたんだろう。

泣きながら、ほほを真っ赤に染め
「お手柔らかにお願いします、篤さん…」
と懇願されたのだから…

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ことを終え、
疲れ果て、うとうとしていた郁が

「おなか、すいた…な…」とつぶやく。

そういえば、飯も食わずに盛るなんて、どこの高校生だ、と苦笑してると
一通のメールが入った。
「な…に…?」
聞きながらも睡魔に勝てずうとうとしだした妻に
「ちょっと出てくるから、先に寝とけよ?」
やわらかな猫っ毛の頭をポンポンと叩くと
微かに頷き眠りに落ちた郁を残し、シャワーを浴びに寝室を出た。

小牧家に続く

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

…まあ、うちの堂郁はこんなもんでしょう。
相変わらず、絶○ [壁]ロ°)ハッ
戦闘職種寝落ちですから( ̄ー ̄)ニヤリ
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://segawakaoru.blog59.fc2.com/tb.php/74-28413022
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。